絶対領域広告

絶対領域広告 利用規約

この絶対領域広告利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社ウィット(以下「ウィット」といいます。)が提供するサービスの利用に関し、第2条に定義する「広告パートナー」とウィットとの間に適用されるものとします

第1条 規則の遵守

すべての広告パートナーは、本規約ならびに本規約に付随するすべての規約、規則およびそれに準ずるものを遵守するものとします。

第2条 用語の定義

本規約において、次の用語はそれぞれ次の意味で使用されます。
(1) 「絶対領域広告」とは、当社の定める身体の一部に広告主である企業の広告を掲載して、広告収入を得るシステムをいいます。
(2) 「本サービス」とは、絶対領域広告が提供するサービスに登録した広告主の広告を、自己の身体に掲載し、その広告効果に基づいて広告主が広告パートナーに報酬料を支給する仕組みを提供するサービスをいいます。
(3) 「広告主」とは、自己の商品やサービスの宣伝などを行っているウェブサイトやその運営者で、絶対領域広告を利用しているウェブサイトやその運営者のことをいいます。
(4) 「広告パートナー」とは、絶対領域広告 会員IDを保有し、本サービスを利用し、広告主の広告を掲載する者のことをいいます。
(5) 「報酬料」とは、広告主から支払われる対価のことをいいます。報酬料の支給方法の詳細は、第6条に従い、ウィットを通じて告知するものとします。

第3条 利用規約の発効

本規約に同意したのと同時に広告パートナーは本サービスを利用できるものとし、また本サービスを利用する広告パートナーは本規約に同意したものとみなします。

第4条 サービス提供の拒否権

1. ウィットの独自の判断により、本サービスを構成する媒体としてふさわしくない広告パートナーに対して、本サービスの提供および報酬料の支給を拒否することができるほか、事前の通知なしに、広告パートナーとして本サービスを利用することを停止あるいは登録を解除することができるものとします。ふさわしくないという判断は、ウィットの基準に基づき、独自に行えるものとし、広告パートナーはウィットのこのような判断に一切の異議を申し立てないものとします。

2. 本条第1項にいう「ふさわしくない広告パートナー」とは、社会通念上非難の対象となり得る性格を帯びた広告パートナー、そのほか以下の広告パートナーとします。
(1) 個人で、18歳未満または未成年等の制限能力者の場合
(2) 虚偽の情報により登録している場合
(3) 公序良俗または信義誠実の原則に違反している場合
(4) 違法な活動をしている、もしくはその奨励をしている場合
(5) ねずみ講、マルチ商法まがい等の違法な事業、およびそれに類する活動を行っている場合
(6) 他人の名誉を侵害したり、特定の個人や団体を誹謗中傷する記述(ウィットの名誉を侵害ないし誹謗中傷する場合も含む。)をしている場合
(7) 著作権等の知的財産権、肖像権等の人格権その他法律上の権利もしくは保護に値する権利を侵害、または関連する法規に違反している場合
(8) 薬事法・景品表示法などの法令に違反する表現をしている場合
(9) 内容が不明または乏しい、外観が異様な場合
(10) 報酬発生条件の事項に違反している場合
(11) 広告主と広告パートナーとの間で合意された事項に反する行為を行ったとウィットの判断により認められた場合
(12) ポルノなどわいせつ、わい雑な内容の投稿、その他ウィットがふさわしくないと判断した場合
(13) 法令に違反またはそのおそれがあると判断した場合

第5条 判断基準の非開示

ウィットまたは広告主は、それぞれ広告パートナーへのサービス提供または広告の掲載の可否を、それぞれの独自の判断により行うことができるものとし、その理由および判断基準は、原則として広告パートナーに対して開示しないものとし、広告パートナーは、ウィットがその判断基準に基づいて行った判断に対して、一切の異議を申し立てないものとします。また、ウィットまたは広告主は、当該行為によって発生する広告パートナーまたは第三者のいかなる不利益に関しても一切の責任を負わないものとします。ただし、ウィットまたは広告主の判断が著しく不合理である場合は、その限りではありません。

第6条 表明

広告パートナーは、本サービスの利用申し込みに際して、広告パートナー自身が反社会的勢力との交流ならびに資金・便宜の提供および取引を行っておらず、反社会的勢力とは一切関係がないことを表明し、本規約に基づく契約が継続している期間は、当該状況が継続していることを保証するものとします。

第7条 報酬料の支払い

1. ウィットは、広告パートナーに対し、複数の広告主の報酬料を合計した金額(以下「報酬料合計額」といいます。)を計算し、月に一度支給を行うものとします。

2. ウィットは、報酬料合計額の計算を月末に行い、特段の定めがない限り、当月確定分について翌月末日までに指定の方法を通じて支給するものとします。

3. 広告パートナーに対し、支給される報酬料は、本プログラムのもとで、月次の処理時において、広告主により承認されているものに限ります。

第8条 ウィットからの連絡と通知

広告パートナーは、本サービスを利用するために必要な範囲内でウィットおよび広告主からの連絡と通知(本規約および広告主との広告掲載契約に基づく通知・連絡を含む。)をウィットを通じて電子メールで受け取ることを了承するものとします。

第9条 管理者責任

広告パートナーは、自己のウェブサイトまたは自己の管理するソーシャルメディアを通して違法行為や公序良俗に反する行為を行わない、または第三者をしてそのような行為が行われないように、善良なる管理者の注意を払う義務を負うものとします。

第10条 広告掲載の努力義務

広告パートナーは、ウィットが本サービスにおいて、広告主の商品もしくはサービスの販売促進に貢献するように努めなければならないものとします。

第11条 広告掲載数の制限

広告パートナーは、ウィットまたは広告主が掲載できる広告数を定めている場合以外は、1日に2つ以上の広告を掲載してはなりません。

第12条 禁止行為

広告パートナーは、本サービスを利用するにあたり、次の行為を行わないものとし、本条の定めに反することにより広告主を含む第三者に対して損害を与えた場合、広告パートナーは自己の責任により当該事象を解決するものとし、ウィットに一切の損害および不利益を与えないものとします。当該事由が発生した際に、当該広告が意図的に譲渡または貸与されたことを認めた場合ウィットは当該広告を掲載した管理者または利用者に対して、民事提訴、刑事告訴等を含む一切の責任を追及することができるものとします。ただし、ウィットの判断が著しく不合理である場合は、この限りではありません。
(1) 広告の改変
広告パートナーは、広告主が提供する広告表示用のシール、広告に利用する画像および文言などをウィットまたは広告主が認める場合を除き、無断で改変してはなりません。
(2) 禁止語句
広告パートナーが自己のウェブサイトまたは自己の管理するソーシャルメディアに掲載する本サービスにかかる広告に関して、閲覧者に誤解を与えるような言葉を自己のウェブサイトまたは自己の管理するソーシャルメディアの内外を問わずに記述してはならないものとします。
(3) 虚偽行為
広告パートナーは、自身または第三者と共謀して報酬料を得るため、虚偽の登録などをする行為、もしくはそのようにウィットによってみなされるいかなる行為も行ってはならないものとします。
(4) スパム行為
本サービスの広告に関して、電子メールでのスパム行為、掲示板への書きこみまたはそれ以外の方法・手段による第三者への迷惑行為に該当する宣伝行為をしてはならないものとします。
(5) 広告主への個別契約の勧誘
広告パートナーは、ウィットの文書による承諾なしに、広告主に対して広告掲載等に関する個別の契約の締結を直接に勧誘または強要してはならないものとします。
(6) 報酬還元
広告パートナーは、報酬を原資として、自己の会員もしくはそれに準じるユーザーに対し、利益を付与することはできないものとします。ただし、ウィットが当該付与を承諾した場合は、この限りではありません。

第13条 配信広告の変更

広告パートナーは、広告主が広告パートナーへ何ら事前の告知なしに広告内容の変更を行うことを認めるものとします。

第14条 データの保護・管理

ウィットは、広告パートナーから提供を受けたデータの保護に関して、ウィットの設定する情報保護方針を遵守するものとします。

第15条 個人情報の取り扱い

ウィットは、本サービスを通じて取得する広告パートナーの個人情報に関して、ウィットが別途設定する「個人情報の保護に関する基本方針」に基づき取り扱うものとします。

第16条 コンテンツと情報の共有

1. 広告パートナーが本サービスに報告したコンテンツおよび情報は、すべてその広告パートナーが所有するものとします。

2. 広告パートナーが自己のウェブサイトまたは自己の管理するソーシャルメディアに登録した本サービスに関連するコンテンツおよび情報について、広告パートナーは以下を承諾するものとします。
(1) コンテンツおよび情報を本サービスでの使用を認める
(2) コンテンツおよび情報を本サービスで使用する際に使用料の請求をしない

第17条 監視業務

1. ウィットは、広告パートナーが本規約に従って本サービスを利用しているか、また、本規約に反する行為や不正がないかを監視する業務を独自の裁量により行います。

2. ウィットは、当該監視業務により、本規約に反する不正行為を行っている、または行っている蓋然性が高いと判断した広告パートナーに対して、報酬料の支給の一部または全部を拒否する権利を有するほか、広告パートナーの本サービスの利用を、広告パートナーに事前の通知することなしに停止あるいは登録を解除することができるものとし、広告パートナーは、これに対して一切の異議を申し立てないものとします。

3. ウィットは、悪質な不正行為を認知した場合、当該不正行為を行った蓋然性が高いと思われる広告パートナーを刑事告発することができるものとし、当該不正行為に関して広告主および第三者が当該広告パートナーに対して損害賠償請求を行う場合は、ウィットが別途定めるプライバシーポリシーおよび個人情報保護法に従い、当該広告主および第三者への情報提供に協力し、広告パートナーはこれに対して一切の異議を申し立てないものとします。

4. 本条の監視業務は、ウィットの独自の裁量により行われるものであり、いかなる意味においても、ウィットの義務を構成するものと解釈されないものとします。

第18条 本サービスの中断、停止

1. ウィットは、本サービスのシステムの管理・保守などのメンテナンス、またシステムの機能向上のためのアップグレードを行う場合、ウィットの指定する手段により広告パートナーに通知するものとします。

2. ウィットは、以下のいずれかの事由が発生した場合、広告パートナーへの事前の通知なしに、独自の裁量により、本サービスの一部もしくは全部を一時中断、または停止することができるものとし、これにより、広告パートナーまたは第三者が被ったいかなる不利益、損害についても、その理由のいかんを問わず一切の責任を負わないものとします。
(1) 本サービスに関する通信環境の障害や天災、火災、ストライキ、洪水、疫病、暴動、戦争、テロ行為など、またはそれに関連する要因による、本サービスの全部または一部の利用不能もしくは機能の不全が発生した場合
(2) 本サービスにかかわるシステム上の不具合、ならびに第三者によるハッキング、クラッキング等の本プログラムに対する一切の妨害行為に起因し、またはそれに類する事情が原因となり本サービスの全部または一部の利用不能もしくは機能の不全が発生した場合
(3) ウィットの独自の判断により、本サービスの運営を停止する場合

第19条 本サービスの保証

1. ウィットは、本サービスの利用に基づく報酬料の獲得について、いかなる保証も行うものではありません。

2. ウィットは、本サービスが有害な内容を含まないこと等に実効性を持たせるために最大限の努力は行うものの、完璧であることを明示黙示を問わず、保証するものではありません。

第20条 損害の免責

1. ウィットは、本サービスの利用により発生した広告パートナーの損害については、一切の賠償の責を負わないものとします。

2. 広告パートナーが本サービスを利用することにより広告主を含む第三者に対して損害を与えた場合、広告パートナーは自己の責任により解決するものとし、ウィットには一切の損害を与えないものとします。

3. 広告パートナーは、絶対領域広告 会員ID等を広告パートナーの責任において管理するものとします。絶対領域広告 会員ID等を利用して行われた行為の責任は当該絶対領域広告 会員IDを保有している広告パートナーの責任により解決するものとし、ウィットには一切の損害を与えないものとします。

第21条 登録の解除

1. 本規約の各条文に該当する場合のほか、広告パートナーが本規約の一つにでも違反した場合は、ウィットは何ら事前の予告なしに広告パートナーとして本サービスを利用することを停止あるいは登録の解除をすることができるものとします。

2. 本規約に違反し、登録を解除された広告パートナーは、本サービスを再度利用できない場合があるものとします。

第22条 著作権等の知的財産権

1. 広告パートナーは、本サービスのシステム、本サービスにかかわるコンテンツなどの著作権およびその他の関連知的財産権がすべてウィットに帰属することを確認するものとします。

2. 広告パートナーは、本サービスの利用期間において、本サービス利用の目的の範囲内のみでの本サービスの使用権を付与されることを確認するものとします。

3. 広告パートナーは、ウィットが別途定める方法により、事前にウィットの承諾を得ないかぎり、本規約に基づく契約による本サービスの使用権につき再使用権を設定し、第三者に譲渡、もしくは担保に供し、または本サービスの全部または一部の複製物を第三者に譲渡・転貸、担保提供もしくは占有の移転をしてはならないのはもちろんのこと、その他のいかなる方法によっても本サービスの使用権もしくはその複製物を処分してはならないものとします。

第23条 規約および条件の改定

本規約ならびに本規約に付随するすべての規約、規則およびそれに準ずるものは、ウィットの独自の判断により広告パートナーの承諾なしに変更・改定を行うことができるものとします。変更・改定後の本規約も、広告パートナーとウィットとの間の一切の関係に適用されるものとします。

第24条 機密保持

1. 広告パートナーは、本サービスに関連して得たウィットの技術上、販売上、業務上その他秘密とみなされるべき情報を、ウィットの事前の文書による承諾なしに第三者へ漏えいしてはならないものとします。ただし、公知の事実と判断されるものに関してはこの限りではありません。

2. 本条の効力は、本規約に基づく契約が終了した後も有効に存続するものとします。

第25条 裁判管轄

広告パートナーは、本規約または本サービスに関して広告パートナーとウィットとの間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに同意するものとします。

第26条 準拠法

本規約ならびに広告パートナーとウィットとの関係には、すべて日本国の法令が適用されるものとします。

第27条 諸法令、諸規則の遵守義務

広告パートナーは、関係する諸法令、諸規則を遵守し、これに従うものとします。

2012年7月19日 施行

Copyright © wit inc.